病院について疑問だったことが解決しました

幼い頃から、病院に通院するときに不思議に感じていたことがありました。
それは、風邪などで発熱をして通院するときに整形外科と書かれた病院に行ってもきちんと診察が受けれたことです。
幼いながらに、専門外ではないのかと心配していた記憶があります。
しかし、その病院には、看板に整形外科と書いてありますが、病院内には内科を診察できるよな医療機器もたくさん設置されていました。
このようなことが起きるのは、医師免許が関係していることが分かりました。
医師免許は、それぞれ内科や外科と言った科目ごとに免許があるわけではなく、全体を総じて医師免許が発行されています。
個人医院などで整形外科や内科、小児科などそういった科目ごとに名前が付いているのは、その医師が得意とする分野で看板を掲げているということです。
なので、医師はそれぞれ得意な分野は違うと思いますが、固定された分野にとどまらずに、たくさんのことを知っているスペシャリストだということが言えます。