錐体外路障害(パーキンソン病、パーキンソン症候群)

錐体外路障害とは、中脳・黒質のドパミン作動性神経の変性により、大脳基底核や線条体におけるドパミンの量が減少し、錐体外路系に対する抑制が効かなくなることで発症する神経変性疾患のことです。
原因不明であるパーキンソン病と、原因が明確であるパーキンソン症候群に分類されます。
パーキンソン症候群の原因の多くは、脳血管病変(脳梗塞など)や抗精神病薬(スルピリドなど)の副作用です。
本症は50~60歳代で好発し、女性より男性に多く発症します。
パーキンソン病の主症状は運動障害で、症状に左右差があり緩徐に進行します。
なお、薬剤性パーキンソン症候群は、症状に左右差がなく急激に進行するのが特徴です。
振戦、筋固縮、無動(すくみ足、仮面様顔貌など)、姿勢反射障害(加速歩行、前傾姿勢など)が4大徴候として現れるほか、自律神経障害(起立性低血圧、便秘、発汗など)も見られます。
本症の多くが原因不明の変性疾患であるため、原因療法ではなく対症療法を中心に治療が行われます。